劇団厚岩公演「関西パンチ」

img20180923_10271572

 

劇団厚岩(韓国) 松本初公演!

【劇団厚岩について】

韓国、ソウルを中心に活動を行う。大学路(テハンノ)に中規模の劇場を構え、国内だけでなく海外公演も精力的に行う。14回 韓国二人劇フェスティバル 脚本賞 作品賞 演技賞 (2014 韓国)

 

第14回 韓国二人劇フェスティバル 脚本賞 作品賞 演技賞 (2014 韓国)

 第2回 ソウル演劇人大賞 作品賞 演技賞 (2015 韓国)

2015AliceFestival(劇場_Tokyo Tiny Alice) 特別賞(2015 日本)

密陽夏公演芸術祭 演技賞 (2015? 韓国)

第15回 韓国二人劇フェスティバル 特別招致作品 (2015 韓国)

 

The 4th Korean Theatre Festival in New York 招致作品 (2016 アメリカ)

 

IstanbulAn 2016 招致作品 (2016 トルコ)

第16回 韓国国際二人劇フェスティバル 脚本賞 演技賞 (2016 韓国)

エディンバラ・フェスティバル・フリンジ 招致作品 (2017 イギリス)

 

【作品について】

 関西パンチは、2016年韓国で初演されて以来、多くの方々に愛されてきた作品でもあり「黒白喫茶店」と共に劇団厚岩(フアム)の代表作の一つでもあります。

1994年の関西地方おあつ町で起こる仮想の物語です。

ここに登場する人物も「出来事」も全て仮想のものです。

しかし演劇とは仮想と虚像を通して現実や高い理想を見出すもの「孤高と過剰」で一貫するこの物語が韓国の人々の胸に何かを残すことができるのであったら、との「なにか」については「日本に来て」「日本の観客」と見つけ出してみようと、演劇「関西パンチ」を準備しました。

できるだけ日本の観客にご配慮をと思い、不足ながらも俳優陣全員が日本語のセリフを覚え稽古し、劇中のリアリティを強めるために、ロシア語と中国語まで覚えました。

歴史は決して変えることはできません。しかし歴史を見つめる我々の視覚は、アジアをwより一層明るい未来へと導いてくれるでしょう。

日本、中国、ロシア、そして韓国

激動の歴史が渦巻いてきた近代アジアの中で、我々は戦争や貧困と戦い、不当や不条理に立ち向かって来ました。逆説的なことに、このすべてのことがアジアの近代芸術を花咲かせる種となり、アジアの多くの芸術家はその花を咲かせるために古典を研究すると共に、創作を続けてきました。

演劇「関西パンチ」が、それに少しでも役立てることを心から願い、アジア演劇の多様性に寄与することを願ています。

2018年  チャ・ヒョンソク (ソウル大学路で)

10月7日 15:00~  19:00~

上土劇場にて

入場料¥2000

劇団ホームページ  https://theatrehuamkyoto.wixsite.com/huam

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です